HOW TO ENJOY

スムージーのつくりかた

スムージー ✕ リキッドベース ✕ ブースターの組み合わせは無限大。
(リキッドベース = スムージーを作るときに一緒にブレンドする飲み物のこと)
味や食感、体調や気分によって自由に選んだり、専門店の味を再現したりと自由自在。

STEP 1

リキッドベースを150ml〜200mlほどブレンダー容器に注ぎます。スムージーキット™を開封し、ブレンダー容器に移します。

*中身が固まっている場合、袋の上から揉みほぐしてください。
*お好みでブースターをプラス。

STEP 2

容器のフタをして、全体をなじませるようによく振ってください。

STEP 3

容器をブレンダー本体にセットして、全体がなめらかになるまで混ぜます。

*うまく混ざらない場合、一度ブレンダーを止めてよく振ってから再度混ぜます。

STEP 4

出来上がりです。F&Pの本格スムージーをお楽しみください。

・完成後はすぐにお召し上がりください。添加物を使用していないため、変色などの品質変化がしやすくなっています。

・各スムージーキットごとの「専門店のレシピ」に記載されているリキッドベースと分量を使用することで、ご自宅でも本格スムージー専門店の味と質感を再現することができます。


HOW TO CHOOSE A LIQUID BASE
リキッドベースの選びかた

Milk 牛乳

濃厚な味わいと甘さが楽しめます。スムージーの糖質、ビタミン、ミネラルと 合わせて、カルシウムもたんぱく質も摂取できる優秀なリキッド。トレーニングや肺活量の多い方にもオススメ。

Soy Milk 豆乳

まったりと濃厚なスムージーに。無調製豆乳であれば、大豆本来の香りや味わいが引き立ちます。 豊富なたんぱく質に加えて、ビタミンEやイソフラボンなどを含むため、おやつスムージーのリキッドにもオススメ。

Almond Milk アーモンドミルク

ほかの植物性ミルクに比べて食物繊維の含有量の高さが特徴。甘味やアーモンド特有の香ばしい香りがあるため 、まろやかに仕上がります。ビタミンEの含有量も高く、若々しくありたい人の心強い味方です。

Orange juice オレンジジュース

ビタミンCがたっぷり。バランスのよい酸味と甘味のスムージーに。ストレートタイプが ベターですが、100%濃縮還元タイプでもOK。カリウムはむくみのケアに、クエン酸は疲労回復にオススメ。

Apple juice アップルジュース

カリウムや、免疫力や美肌に関わるビタミンCが豊富。軽やかな甘さのスムージーに仕上がります。 どのスムージーと組み合わせても相性が良く、安定したスムージーづくりを楽しめます。

Water 水・白湯・ミネラルウォーターなど

野菜やフルーツ、素材そのものを楽しみたい方は、水を加えるシンプルなブレンドはいかが? 冷たいものが苦手な方は白湯にすれば温度調整もカンタン。お好みのミネラルウォーターもお試しあれ。


HOT SMOOTHIE™

ホットスムージー™

F&Pのスムージーキット™ではホットも楽しめます。2013年、FICO & POMUMの創業とともに、「季節を問わずに果物や野菜を手軽においしく摂ることができないか」というニーズにお応えし、ホットスムージーを開発しました。寒い季節でもからだを冷やさない、スープのような温かい飲み心地。野菜や果物のフレーバーが生きています。

ご家庭でのつくりかた

  • ・出来上がったスムージーをブレンダー容器から耐熱カップに移します。
  • ・湯せんまたは電子レンジで、表面の様子を見ながら加熱してください。
  • ・お好みの温度加減でお楽しみください。